読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

標本箱。

文章が書きたくなったとき。閉じこめる。

コメント返し

だいぶ、かなり遅くなってしまいましたが1記事めのコメント返しです。

 

コメント非公開のままだと返答通知がこないそうなので、内容と名前は明かさず(名前の頭文字ローマ字だけあげるのでコメントくれた人は私かな?と察してね)記事としてコメント返しさせて頂きます。

 


コメント欄は今後も承認制にして私にしか見れないようにするのでtwitterの下書きに溜まるような笑、誰にも伝えられない思いを気がむいたらいつでも綴ってね。

 

もちろん私宛の言葉もいつでも待ってます!

 

 


名無しさん>
ありがとう。
一人のとき、感情のある食べ物(おにぎりとかお味噌汁とか)食べると悲しくなるのでカロリーメイトぷっちょばかり食べる日々ですが周りに怒られるのでちゃんと感情ある食べ物を食べたいと思います。
その人の体を心配するのは愛だと思います。

 

Rさん>
生きたいと死にたいは同意義だと思っています。明日は今日よし少しでもよくなりますように。

 


Tさん>
学校に居場所がないと辛いよね。学生時代の世界はそこだけだから。卒業するとびっくりするくらい世界は多種多様のコミュニティに溢れています。それにこの時代自分でコミュニティを作ることも可能です。
私は学校にも家にも居場所がなかったので自分の夢を叶えて自分と自分と同じような人の居場所を作ろうと思っていたし、今も思っています。でも、居場所なんて分からないけど大切な人は何人かいます。誰かを大切にできたら自ずと居場所ができるのではないかなと思っています。

 


Sさん>
プロデューサー以前からずっと見ていてくれてたのですね。ありがとう。
私は応援の仕方は自由だと思っています。でも私を好きだと言ってくれる人と一緒に楽しい時間を過ごせたら私自身もとても幸せなのでそんな時間を過ごせる場所を作れるように進んでいくから、これからも見守ってね。そして会いに来てくれたとき一緒に笑いましょう。

 


Mさん>
死ぬということはこの世界から退場するということで自分がいなくなったとしてもこの世界は変わらず続いていきます。死というものは個人として考えれば果てしなく未知で怖いものだけど、世界と比較すればちっぽけでみんな1ヶ月も経てば、ううんもっと短いかもしれない、人一人の命は小さいものです。なくなってしまう未来を考えるのであれば、ここにある今自分が少しでも幸せである方法を考えた方がいいのかなあと思っています。

 

Aさん>
考え方や言葉が好きだと言ってくれてありがとう。誰か一人の勇気になれてたらそれでいいです。

 

Yさん>
「私が知りたいことや見たいものや感じたいことだけ集めた世界で生きるのは、悪い事なの? 」
→悪いことではないと思います。ただ世間からみたらしたいことだけをしている人間は確実にマイノリティです。ので私もマイノリティです。笑
好きなことをする、苦しいです。その選択を選んだだけの苦しみがあります。ただ、自分の人生で自分の好きなことをするための苦しみを我慢できるか、その人次第だと思います。私は死ぬほど苦しくて、でもきっと今の自分を楽しんでいます。

 


Mさん>
ただただ我儘に好きに生きてるだけなので生き方が好き、と言われるとピンとこないのですがありがとう。目標に向かって走ることはどうしてこんなに苦しいのだろうということの連続ですが、幸せは途切れながら続くということは真実だと思います。生きよう。

 


Aさん>
私もとりあえず人と一緒にいたいといったタイプではなく、一人の時間が絶対に必要だし、人と一緒に居て苦しくなるくらいなら一人で散歩したり、風景を見たり、本を読んだり、映画を見たり、考え事にふけることの方が好きなタイプです。
なぜか学生時代はコミュニティに属さない人間はおかしい、といった雰囲気がありますが、大人になるとコミュニティに属する人間より一人で生産性のあることをしている人間の方が讃えられる場面があったりするから不思議なものです。
人生は親でも友達でも世間でもない自分のものです。親も友達も世間も必ずあなたを幸せにしてくれる保証は一切ありません。
あなたの思う幸せを生きれますように。

 

Kさん>
幸せなとき、人間は幸せだと案外気づいていないものです。客観的にみてKさんは旦那さんと旦那さんのまわりの温かい方に囲まれて幸せなんだろうなと文章から感じました。ただ人間は欲深いものです。でも自分の人生の中で何を選択するのか、無意識のうちに一番優先したいものを選ぶものです。私は犠牲にするものがあったとしても自分の人生で一番優先したかったものが好き、でかわいいでした。何かが一番になるとき必ず二番になるものや人が居ます。心残りがあったとしてもそれを一番に選ばなかったのであれば自分の人生をかけてでもしたいことではなかったということなんだと私は思います。逆に、Kさんにとって自分の人生からなくなってしまったら死んでしまうほど悲しいものはなんですか。それが一番優先すべきものかも知れません。

 

 

Aさん>
就活大変ですよね。この世の中みんな本当は好きではない仕事を毎日を生きるために我慢しながらしている人が多いと知ったとき、生きるってなんなんだと深く思ったことを覚えています。

 

Iさん>
私にとっても大事なアリスのファンさんコメントありがとう。書いてくださったとおり、私には私の正義があって、でも多分世界には人口分の正義があるのだと思います。多分それぞれ素敵な。たくさんの正義を認められたらもっと世界が楽しくなるんだろうな

 

 


Kさん>
いつも本当の意味で私の幸せを願っていてくれてるのだろうなあと思っているよ。ありがとう。「同じりんごでも違う角度から描くと全然違うりんごに見える。要する全てが考え方次第。」この言葉、余裕がないと忘れがちだけど忘れちゃいけないことだよね。
理想はあるけど生きることに執着がないやって思ってたけど、こんな風に思ってくれる人が居るということ多分というより絶対私は忘れてはいけないんだと思う。そんな思いを私にくれてありがとう。絶対一緒に笑おうね!!!笑えなかったら許さないよ人生!笑

 


Sさん>
救われると言ってくれて嬉しいです。でも私も同時に救われています。見てくれる誰かが居るから私が居ます。ありがとう。

 


Iさん>
相談会来てくれたのですね!人の悩みを聞くと聞いてる方も実は救われるときがあるんだよ。あなたと私の明日が少しでもよくなりますように。

 


Sさん>
いつも本当にありがとう!Sちゃんが見てくれているということが私にとってどれだけ力になっているのかちゃんと伝えられているかなといつも思っています。ここで居場所が作れないやつが逃げたとしても居場所なんて作れるわけがないとい言葉、そのとおりかもしれないけど逃げではなくて選択肢を増やす方法を考えれば良いのではと思います。

 

 

Kさん>
「不条理や不運に泣いてもいいから、まじでサイコーの未来創ってください。なによりも自分のために。そんでみんな幸せにしたいね。みんなで幸せになりたいね。」
この言葉まじでサイコーです。ありがとう。最後にみんなで笑ってやろうな!

 

f:id:makiron716:20170501214917j:image