標本箱。

文章が書きたくなったとき。閉じこめる。

23歳、夏。

 

社会不適合者だから朝9:28分はまだ夜である。昨日深夜3:00あたりに友人に寝る寝る詐欺をし、結局寝れず仕舞いでインターネットをむさぼっていた。

 

 

そんな中文章を吐き出したい気分(躁状態)になったのでブログを書く。

 

 

いつかあなたの文章は句読点や文章を書く上でのルールがめちゃくちゃなんで物書きを名乗るなら勉強した方がいいと思います、なんていう心底丁寧(皮肉です)なコメントを非公開でもらったことがあったのですが、

 

 

てめーは何様だよって感じだし、

そもそも私は物書きを名乗っていないしブログなんてそもそも私にとって自慰行為にしか過ぎないので読みたいやつは勝手に読めといった感じである。

(嘘だよ、日本語勉強した方がいいのは自覚しているよでも私は私の言葉にパワーがあると信じている今までもこれからも。)

 

 

 

 --------------------------------------

 

 

 

先週7月16日に私は23歳の誕生日を迎えた。

 

 

誕生日は人生という名の地獄は始まった日なので私にとっては全くもってめでたい日ではなく、

周りの人間やSNS上で「おめでとう。」という言葉をもらうと自分なんかの誕生日を祝わせてしまって申し訳ありません、という複雑な気持ちを抱いていた。

(でもそんな中本当にみんながまっすぐおめでとう、や優しい言葉をくれて本当にひねくれ者の私は救われました感謝してます本当にありがとう。)

 

 

23歳というのは私にとって特別な年齢なのである。

 

かつてこんなことをtwitterで述べている。

 

 

f:id:makiron716:20170726095859p:plain

 

 

といった具合である。

 

 

 

 

一切可愛くなれなかった。

 

女の子が一番かわいい時期(自分で言っている)に自分史上一番可愛く私はなれなかった。

 

 

そもそも誰かにとってはまだ”たった”23歳かもしれないけれど、私にとっては23年”も”であり、

そしてもしかしたら誰かにとってはしょうもない不幸なのかもしれないけれど、自分にとってはジェットコースターのような不幸が人生で続き、私は生きることに疲れ切っていた。

 

 

色々な事がありすぎて、苦しみにも生きることにも飽きていた。

 

 

そんな中自分にとってどうしてもどうしても会いたくない人に会わなくてはいけない日があり、

(その出来事がきっかけで眠剤なしではちゃんと眠れなくなってしまった はやく振り込むっていった〇十万振り込んでくださいもう約束から何か月もたってます 人間はお金以外で揉めることは少ないと思うので察してください。)

 

 

でもどうしても処理しなくてはいけない案件で、どうにか体を起き上がらせるために安定剤をたらふく食らって、

 

案の定食らいすぎて意識が混濁し、そんな時初めて「死にたくない」という感情が芽生えた。

 

 

そんな中できた曲と歌詞がこちらである。

 

youtu.be

 

「死にたくないのに社会が絞め殺そうとしてくる。」

 

一日で再生回数が2万3000回を超え、youtubeの急上昇ランキングに30位に入り、

(米津〇師もリリース1日目で40位くらいらしい)

 

案の定goodとbadボタンの数がほぼ半分、コメント欄は賛否両論、いいコメントもあれば罵詈雑言も多数、さらにコメント欄で会話したり、喧嘩したりしてて、

 

 

 

まさに、、、、、、、思惑通りですね!!!!!!!って感じでした。

(性格悪くてごめんなさいその通りです)

 

 

言いたいこともあって自分の正義も他人の正義もあって、

でも我慢して我慢していい人を繕って頑張っていたのに搾取されて、

勿論自分が悪いことも沢山あって、でも相手が悪いことも沢山あって、

 

 

どんなに理想を積み上げてもそういう黒い感情やもう全てを終わらせてしまいたいって感情に負けそうになる時が多々あって、

 

でもそんな中(安定剤の飲みすぎで)本当に生死の危機を感じたとき本気で

 

 

「死にたくない!!!!!!!!」

 

って思ったんですよね。

 

本当によく小説やドラマにあるように走馬燈のように大切な人も大嫌いな人の顔も浮かんできて全員に「ありがとう。ごめんなさい。」って心の中で呟いてた。

 

 

で、鼓動が一本の音に聞こえるくらい早くなる中、ずっとずっと

「死にたくない死にたくない このまま自分の人生終わらせたくない 神様ゆるしてください 生きさせてください。」

って祈ってました。

 

 

そんなメンヘラな理由かよ、って言う人も居るかもしれないけど、私は他人に対して「死ぬ死ぬ」詐欺もしたこともないし、リストカットだってしていない。

 

 

それをメンヘラと呼ぶなんて世の中一生懸命生きようとしてる人に厳しすぎませんか?

 

 

そんな思いで  "社会への暴力"

(この言い方で叩かれたとしてもそれも覚悟、承知の上なのでいいです)

 

のつもりで自分にとって特別な年齢の23歳当日に初めて自分のために書いた曲をアップしました。

(本当は23歳になった0:00時丁度にあげたかったのにエンコード終わらなくてあげれなかった 逆に私らしいと思う。)

 

 

私は自分のような感情を抱いている人間がこの世には少数でも居ると思っているし、

そんな人に届いて欲しいと思って友人が協力してくれて曲を一緒に作ってくれて、

(編曲は才能のあるニートの森本ヒロシートくん @MrmtPiroCt です才能あるクソニートなんでこのブログやyoutube見てくれた人は彼に仕事あげてね)

 

 

 曲をきっかけに今を生きる誰かの感情を動かしたり、そもそも今の社会(ここだとインターネット社会に特化されるのかな)を浮き彫りにしたかった。

 

 

だからgoodの数とbadの数がほぼ半々なのも、コメント欄が荒れてて喧嘩してたりするのも、まんま社会!って感じで本当に全ての反応が嬉しかったです。

 

 

あとPVを初めて見た人とかtwittterしか見てない人はこんなに荒んだ毎日を過ごしてるとか勘違いしちゃう人も居ると思うんだけど笑、あくまで作品はエンターテイメントです。笑

 

 

 --------------------------------------

 

 

 

それから7月24日の初の自分が主催したDJイベント「IMAMITAI  DJ」。

 

本当に素敵な演者さんと愛に来てくださった皆さんのお陰でなんとか無事終わることができました。

 

 

多分慣れてる方にとってはどうってことないことなんだろうけど、

 

オーガナイズ自体初めての私にとってはかなり精神的にクるものがあったのと、割と色々あったのとで全然眠れなかった。

(そんなこと言い訳でしかない事は重々承知しています。協力してくれた人全てへ本当に感謝を送る)

 

 

大人たちは最近の若者は、、、とか石頭みたいなこという人もいるけど、

 

本当に今の世の中イけてる面白い若者が居るんですよマジで!!!!!!!!!

 

そんなイけてる若者をもっとみんなに知ってほしい!

 

現在=今を見て!

てか今見るべき!今見たい!=IMAMITAI DJ

 

 

という名前でジャンルボーダーレスでIMAMITAIに特化した人を集めたイベントをさせて頂きました。

(まんま過ぎてダサいって言う人もいるかもしれないけどすぐ覚えるから最高だと私は思ってる、、よ?笑)

 

 

 正直当日まで色んな作業に追われたり、他の仕事に追われたりで自分のDJ練習があまりできなかったのですが、(ごめんなさい)

 

 

人前にトークショー以外で立つのこともDJもほぼ初めての中、当日はそんな心配どうでもいいくらい暴れまくって(ただの狂人に見えてたらごめんね。笑)

 

 

自分も、来てくれたあなたも「生きてほしい」ただそれだけで叫びまくってました。

 

 

反省点も色々あるけど、本当にイケてる演者さんをはじめ、関係者さん各位、そして愛に来てくれた、足を運んでくれた方、

 

周りの方のお陰でいいイベントになったと思うので、来なかったやつは伝説の始まりを見届けられなかったことに後悔すればいいし、

 

次はもっともっとグレードアップして帰ってくるから絶対来るしかないね!!!!!

 

 

てかtwitterにこもってばっかりいないで来い!!!!!!

私と生を全力で感じよう!!!!!!!!!!全力大丈夫もあげるよ!!!!!!!

 

(嘘です、来てくれた人も来たかったのにお仕事や学校で来れなかった人も感謝でいっぱいだし、さらにいいイベントになるように頑張るから次も来てね。。。。

全力大丈夫は本当にあげます。イベント次は土日にします。。。)

 

 

 ---------------------------------------

 

 

 

って感じで23歳、自分史上一番可愛くもなれなかったし、

身体も心も割とギリギリまでボロボロだし、

生きることは相変わらず苦しくて、難しくてしょうもないけど

 

 

生きたいと死にたいは同意義だと気づけたし、自分とまわりのお陰で自分を少し許すことが出来たと思います。

 

 

きっとこれからもそうなんだろうな。

 

 

ずっと満足できることもなくて、自分のことを完全に許せることなんて一生こなくて、私の人生はジェットコースターで、

 

 

でも、私はその分人を許せる人になりたいし、他人に寄り添いたいし、

きっとそうしていくことで自分もすこーしづつかもしれないけど許せるのかななんて思ってます。

 

こんな気持ちも他人からしたらエゴにしか過ぎないかもしれないけどさぁ。

 

 

 

 

私は人間が大嫌いで、でも大好きだ。

自分のことも。

 

 

人生がせめて楽しい地獄になるよう今までもこれからも祈っています。

 

23歳の私から、私自身とこのブログを読むあなたに送る。

 

 

 

まきろん。

 

 

f:id:makiron716:20170726204308j:plain